CoreGraphicsコードをSwift 3.0に変換する

Xcode 8.0が登場しました。
旧プロジェクトをXcode 8.0で開くと、Swift 3.0(あるいはSwift 2.4)に変換するよう促すダイアログが出現しました。

CoreGraphicsコードをSwift 3.0への自動コンバートにかけたところ、変換されない部分が残りました。

変換後、このようなコードになったのですが最終的には

と変換したい。

文字列の処理がやりやすいのはなにかしらと考えて、急遽Rubyを学ぶことにしました。


文字列操作とファイル操作の基本的なやりかたを知ったので、以下の変換プログラム converter.rbを書きました。
CGPathMoveToPoint(pathRef, nil, 20, 0)

pathRef.move(to: CGPoint(x: 20, y: 0))

CGPathAddLineToPoint(pathRef, nil, 200, 0)

pathRef.addLine(to: CGPoint(x: 200, y: 0))

CGPathAddCurveToPoint(pathRef, nil, 205.523, 0, 210, 4.435, 210, 10)

pathRef.addCurve(to: CGPoint(x: 210, y: 10), control1: CGPoint(x: 205.523, y: 0), control2: CGPoint(x: 210, y: 4.435))

と変換するものです。

converter.rb

変換したいswiftファイルがあるフォルダに、converter.rbをおき、Terminalでそのフォルダへ移動した後、

と入力するとプログラムが実行されます。
実行すると、

とたずねられるので、そこで変換したいファイル名を入力すると変換が行われます。
(このさい、”_元ファイル名.bak”というバックアップファイルも作成します。)
ファイル名を入力せずにreturnキーを押すと、プログラムは終了します。

関連

Autodesk Graphic(旧iDraw)はCore Graphicsのコードを生成できる – nackpan Blog