MacBook Pro(2019)を購入しました

MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)を購入しました。

経緯

7月15日、使用していたMacBook Pro 2017の電源が入らなくなりました。
電源コードを繋いでもさっぱり反応しません。
持ち込み修理に赴きました。

それ以前からキーボードの反応が悪い状態が続いていました。
MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム
の対象となっていました。これだと無償修理してもらえます。ただ、バッテリーの状態が「交換修理」が必要になっており、バッテリーの交換が入るなら費用がかかるんじゃないかしらと懸念して、だましだまし使用していました。実際には、キーボード修理の際にバッテリーも交換することになり、それもふくめての無償修理だったので、さっさと修理してもらえば良かったのです。

電源が入らないことをAppleジーニアスバーで確認してもらい、修理を依頼。費用が10万かかるようなら、修理は取りやめてもらうことにしました。

およそ一週間後。
MacBook Pro 2017が戻ってきました。
キーボードの交換修理が行われました。
電源が入らない問題に関しては、意向により修理はされていませんでした。

MacBook Pro 2017はあまりもたなかったなと気持ちが沈みました。
購入したのは2017年10月。
MacBook Pro 2017を購入しました – nackpan Blog
がっかりしながら、新たなMacを購入することにしました。

新Mac購入

対象の家電量販店でd払いで購入すれば、7月中は20%ポイント還元というキャンペーンをやっていました。
15万*0.2で3万ポイント還元されます。これ良いね、ということでK’s ケーズデンキでMacBook Pro 2019を購入しました。その後、キャンペーンページで確かめると、今回のポイント還元は、上限が1万ポイントでした。あらら。

前回のMac購入時には、ストレージを512GB、メモリを16GBにカスタマイズしました。その前のMacBook Airの時代に、ストレージがカツカツになり、やりくりで苦労したので余裕を持って臨めるように512GBにしたものです。今回は、せっかくカスタマイズしたMacBook Pro 2017がはやくも使用できなくなってがっくりきてMacのスペックをあげる意欲が減少していたので、あらかじめ用意されているラインナップを購入しました。
256GBのストレージというのは心配でしたが、前代でもストレージの半分も使ってないからいけるだろうとの考えです。

移行処理

バックアップを取っていたハードディスクから移行処理を行いました。
前代のMacではストレージが512GBで、今回のMacは256GB。
容量が足りないので移行できないとの、メッセージ。
心配していた問題が発生しました。
ダウンロードフォルダのチェックを外して再トライ。
まだ容量が足りないとのことで、さらにそのほかのフォルダのチェックを外して再トライ。  

移行はできました。

起動してみると、チェックを外したダウンロードフォルダなども移行されていました。
ちょっと、よくわからないですね…
「このMacについて」 > 「ストレージ」 を見ると、250.69GBのぎりぎりまで使用している状況。
これはいけないと、ファイルを削除・退避を行いました。
巨大な音声ファイルや素材テクスチャファイルなどを退避、Pages, Numbersなどのアプリケーションを削除。  
70GBほど空きを作りました。  

開発環境準備

Xcodeはアプリケーションからなくなっていたので、あらためてダウンロードしました。
Xcodeは「このMacについて」 > 「ストレージ」> 「管理」 > 「アプリケーション」でのサイズで6.39GB
Finder > 「アプリケーション」> Xcode.app でのサイズで11.88GB
ほんとに容量喰いでございます。
でも、これがなければ始まらないので、やっていきましょう。
(というか、開発機にするなら、ストレージ容量は512GBにすべきでした…)
いや、まあ、やっていきましょう。


MacBook Pro 2017を購入しました

MacBook Proを購入しました。
MacBook Pro – Apple(日本)
(MacBook Pro 2017という書き方かと思っていましたが、あらためてページを見ると、MacBook Proとのみしるされていますね。)

経緯

  • いままで使っていたMacBook Air (13-inch, Mid 2011)の調子が悪い
    いままでMacBook Air (13-inch, Mid 2011)を使って、アプリ開発を進めていましたが、最近とみにちょうしがわるくなってきました。
    SafariとXcodeを起動していると、動きが鈍る、フリーズする。ので、同時にはつかわず運用。
    ヒンジも緩み、ひらくとディスプレイはくたりと倒れ気味。
    ここひと月。Xcodeの調子がとくに悪くなりました。
    設定からコード補完機能をはずしていき、なんとか使っていました。
    10月に入ってからは、1行ごとにレインボーカーソルが回る。
    これでは、アプリ開発が進みません。
    現在開発中のアプリが完了するまでは、このMacでいきたいと考えていましたが、そうもいかなくなりました。

注文

10/04。
あらたなMacを注文しました。
13インチMacBook Pro – スペースグレイ
16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
512GB SSDストレージ
アプリ開発に使用することから、メモリとストレージを強化。
到着予定日は、2017/10/12 – 2017/10/13。
メモリとストレージの変更前は、注文日からすぐの到着予定でしたが、変更後は一週間ほどのびました。

到着

到着は10/10でした。予定より早まりました。
さっそく開封。
起動。
おー、文字がくっきりしたような。
トラックパッドのクリックがいちいち押し込まないけない、これはどうして?
古いMacでは
システム設定> トラックパッド> タップでクリック(一本指でタップ)
の設定をしていたのを、もはや忘れていました。
あらためて、新たなMacでも「タップでクリック」を設定。

移行

さて。
古いMacから新しいMacへデータを移行しましょう。
新しい MacBook または Late 2016 モデルの MacBook Pro にコンテンツを移動する – Apple サポート
このページを参考に移行処理を試みました。
筆頭に記してある方法、
* Wi-Fi 接続で移行する
こちらは、うまくいきませんでした。
ので。
* USB とアダプタを使って Time Machine などのバックアップから移行する
を試みました。
じつを申すと、Time Machineを使っていなかったので、今回、バックアップを新規作成です。
バックアップ用に使えそうなHDDを探し出してきて、接続。
バックアップ開始です。
これは相当時間かかりそうなので、就寝。
寝てる間にお願いします。
で。
翌朝。
10/11。
バックアップ完了していました。
やった。
しかし。
HDDと新たなMacを接続するには、USB-C – USBアダプタが必要です。
Usb-c – usbアダプタ – Apple(日本)
こいつです。

その晩。
USB-C – USBアダプタを購入して帰宅。
Time Machine バックアップを使っての移行は、スムーズに成功。
よかった。すばらしい。

ということで、新たなMacで、気持ちも新たにアプリ開発を続けていきましょう。

Autodesk Graphic(旧iDraw)| テキストをパスに沿わせる

Autodesk Graphicのチュートリアルのページ。
Autodesk Graphic Tutorials

そのなかに、ロゴを作成するチュートリアルがあります。
ss 2016-02-16 2.56.08
Design a Logo with Curved Text | Autodesk Graphic Tutorials
ここで用いられている技法のうち、テキストをパスに沿わせる方法をメモ。

テキストをパスに沿わせる

テキストとパスを選択

テキストとパスをどちらも選択する。(Shiftキーを押しながら選択することで複数選択)
ss 2016-02-16 3.04.40

テキストを配置

メニューから「変更」 > 「パス上にテキストを配置」を選択
ss 2016-02-16 3.04.56
パス上にテキストが配置されます。
ss 2016-02-16 3.05.16

テキストを移動

左下の点を動かすことでテキストを移動
ss 2016-02-16 3.06.15

字間調整

アピアランスパネルから、アピアランス:テキスト > A↔︎B で数値を調整
ss 2016-02-16 3.23.35
数値をAutoから4にしてみると間隔が開きました
ss 2016-02-16 3.29.56


以上、Autodesk Graphicでテキストをパスに沿わせて描く方法でした。

MacのSafariで開いているタブをiPadのSafariでも表示させる

MacのSafariで参考サイトをいくつか開いている。
そのサイトの解説を読みながら、Playgroundを進めている。

これらのサイトを、iPadのSafariでも表示したい。

Handoff機能を使うと、MacのSafariで見ているサイトをそのままiPadのSafariでも引き継げそうだ。
iOS 8の新機能「Handoff」で検索途中のSafariをそのまま転送するには? | マイナビニュース
連係機能を使って iPhone、iPad、iPod touch、および Mac を接続する – Apple サポート
しかし、システム条件を見ると、
iPhone、iPad、iPod touch および Mac で連係機能を使用するためのシステム条件 – Apple サポート
うちのMacBook Air(Mid 2011)は対象外だった。
残念。

iCloud タブの設定と使用 – Apple サポート
こちらのページによると、iCloudタブを設定することで、デバイスを移ってもSafariは最新の状態を保つことができる、とのこと。

• iPhone,iPadは、「設定」>「iCloud」で「Safari」をオンにする。
• Macは「システム環境設定」 > 「iCloud」で「Safari」をオンにする。
• 使用するデバイスで同じアカウントでサインインしていること。

これで、デバイス間でタブを共有できる。

今まで、MacのSafariで3つタブを開いていて、iPadのSafariで2つタブを開いていた場合の例。
MacのSafariにタブが増えて5つになるわけではない。
別デバイスのSafariで使用しているタブを利用するには、右上のss 2015-10-26 13.58.07ボタンを押す。
ss 2015-10-26 13.58.07ボタンを押すと、現在のデバイスのSafariが開いているページのサムネイルが表示され、その下に別デバイスで開いているページタイトルが表示される。
ss_2015-10-26_13_58_31-2
そこから選んでページを開くことができる。

これで、タブを共有するという目的は達成できた。

また、iCloudタブの設定を行うと、ブックマークも共有化される。
Macのお気に入りバー(ブックマークバー)に、iPad側のSafariのお気に入りが加わる。
お気に入りバーでは、左端に「リンク作成」のブックマークレット
手早くリンクを作成したい | nackpan Blog)など、非常によく使うものばかりを選んでいるので、これは困った。

これに関しては、iPadのSafariでは「お気に入り」はさほど活用していないので、そちらでは「お気に入り」は使わないでおくこととした。

AirDropのシステム条件

自分が現在使用しているMac(Mid 2011)とiPad間のAirDropが機能しない。
MacのFinderには、AirDrop欄があるけれども、さっぱりiPadを認識してくれない。
どっか設定しそこなっているのかと思っていた。

あらためてサポートページを見た。
AirDrop を使って Mac からコンテンツを送信する – Apple サポート
こちらの「AirDrop のシステム条件」に
“iPhone、iPad、または iPod touch にアイテムを送信するには、OS X Yosemite 以降を搭載した、2012 年モデルより新しい Mac が必要です。ただし、Mac Pro (Mid 2012) は除きます。”
と、書いてあった。

うちのMid 2011では、iPhone、iPadとはAirDropできない!のであった。
とてもざんねん。

半角の中黒

英数字入力モードで、中黒を入力する。
Mac。JISキーボード使用。

Shift + Option + 9 —> ·

Option + 8 ———-> •


中黒について
中黒 – Wikipedia
1. ハイフンは”-“だけじゃない、中点は”·”だけじゃない

•(Option+8)の方が、大きめの丸で描画されることが多いが、フォントによってはほぼ区別がつかない場合もある。

•(Option+8)は、ビュレットというそうだ。
Bullet (typography) – Wikipedia, the free encyclopedia
• item1
• item2
• item3
のように、箇条書きのさいに頭につける点がビュレット、とのこと。

ある拡張子のファイルを特定のアプリケーションで開く設定にしたい

現在、pngファイルをクリックすると、「プレビュー」が開く設定になっているが、例えばこれを「Skitch」が開くようにしたい。

  1. ファイルをCtrl + クリックして、「情報を見る」を選択
    ss 2015-10-13 21.20.55

  2. 「このアプリケーションで開く : 」から、使いたいアプリケーションを選択する
    ss_2015-10-13_21_22_10-2

  3. 「すべてを変更…」を選択
    ss_2015-10-13_22_18_41-2

El CapitanでのSafari (ver 9)でCommand+数字をブックマークバー選択に戻す

前回書きましたが、MacのOSをEl Capitanにアップデートしました。

その際、Safariもアップデートして、バージョン9となりました。
ss 2015-10-04 6.42.48

新たになったSafariでは、タブのピン留め機能がつきました。
タブをつかんで左端に寄せると、縮んで固定されます。
ss-pin-2015-10-04

それに合わせてということでしょうか、ショートカットキーの一部が変更になっていました。
従来は、Command+数字で、ブックマークバー(お気に入りバー)の選択になっていました。左端のものからCommand+1,Command+2,..となって開くことができました。
Safari バージョン9では、Command+数字のショートカットが、タブの選択に割り当てられました。
左端から、Command+1,Command+2で開くことができるので、いつも使うページをピン留めしておけばすぐに開くことができます。
ブックマークバーの選択のショートカットキーは、Option+Command+数字に変更になりました。

ブックマークバーのショートカットキーをあまり使わない場合は、新たなキー割り当てが使いよいと思います。
ただ、自分の場合は、以前の記事で書きましたが(手早くリンクを作成したい | nackpan Blog
ブックマークバーの左端に「リンク作成」のブックマークレットを入れており、Command+1からのリンク作成を頻繁に使っていました。これが、Option+Command+1になってみるとかなり押しにくくなりました。

そこで、従来のキーボードショートカットキー割り当てに戻す方法があるのか調べてみると、可能でした。

Safari(ver 9)でCommand-数字によるキーボードショートカットをタブ選択ではなく、ブックマークバー選択に戻す方法

・Safariの環境設定から「タブ」の設定を開く。
・「タブ」の設定で、「⌘ + 1 から⌘ + 9 でタブを切り替える」のチェックを外す
ss 2015-10-03 8.57.16
これで、Command-数字のショートカットは、ブックマークバーの選択になります。