[C#]ListViewを使う。

C#でListViewを使う。
なかなかややこしい。
上手く行かないことが多くて、ぐぐりまくった。

ListView クラス (System.Windows.Forms) | msdn

ListBoxと違って、行だけでなくColumnがある。

アイテムを追加するには。
ListViewItemクラスのオブジェクトを加える。ListViewItemは、各項目にあたるListViewSubItemクラスのコレクションを持つ。
C#の勉強: C# ListViewコントロールの使い方(項目追加)
ListViewItem クラス (System.Windows.Forms) | msdn

選択するには。フォーカスを当てるには?
ListViewの指定した行にfocusを当てたい - Insider.NET - @IT
あと、ここで、選択する際に一行分全部選ぶようにする方法が述べられていた。

SelectedIndexChangedイベントで選択されたインデックスを得る手順で、エラーがでた。
悩んでいたらそのものずばりの問題を解決していた記事があった。
【C#.NET】ListViewの選択しているインデックスを取得する|C#|ばちブロ
ありがたや。これで動くようになった。

クラス名’?’が、この言語に有効な識別子ではありません。

Visual StudioでC#さわっていて
クラス名’?’が、この言語に有効な識別子ではありません
というエラーメッセージが出た。
クラス名が、この言語に有効な識別子ではありません。| msdn
あれ、クラスつくろうとしたっけ。なにかクラスつくろうとして途中でやめたのかしら?
“{“括弧の数がそろってなくて、エディタの右端のエラー箇所を示す欄でそこいら中に赤色がついた。
そのあと、”{“(中括弧)の数をそろえて、もうあやまりはないはずだけど、相変わらず
クラス名’?’が、この言語に有効な識別子ではありません。
エラーが出る。
はてさて、と思ってたけど、ソリューションをクリーンして、もう一度ビルドし直したらエラー消えた。良かった。

C#にさわりだして、フォームでグラフィックスを使った表現をしたとき気づいた事

C#にさわった。
Windowsフォームのプログラム作り出した。

フォームで何本もの線をDrawLineしていたとき、すごくガタガタした線になった。
アンチエイリアスしていなかった。
SmoothingMode 列挙体 (System.Drawing.Drawing2D)

何本もの線をひいて、模様を描いているとき、平行な線のはずがよれている。
座標を計算している途中で、Pointを使っていて、整数にしていたせいだった。
PointFというのがあった。これだと、floatが使える。
PointF 構造体 (System.Drawing)

そして、Graphisc.DrawLineで、

とかける。
これを使って、途中で整数にしてしまっていた部分を直すと綺麗な模様になった。

そして、msdnはすごい。充実している。
「msdn ○○」と検索すると、msdnサイトの詳しい情報に行き当たることができる。