林鵞峰『改元物語』について

江戸時代初期の改元事情について記した『改元物語(改元格)』という記録があります。
林鵞峰が記したものです。林鵞峰は、林羅山の息子で『本朝通鑑』などの歴史書の編纂を父とともに行いました。
『改元物語(改元格)』には元和から延宝までの改元について記されています。
幕府側から見た改元事情がわかります。

たとえば、正保改元について、改元物語に以下のような記述があります。

寛永二十年ノ冬、後光明天皇即位アリ、一年號三帝ニ渉ル例ナシトテ、明年十二月改元アリテ正保ト號ス、此時諸家ノ勘進スル所數多アリトイヘドモ、大猷公御前ニテ御裁斷アツテ、
仰ニ曰、年號ハ天下共ニ用フルコトナレバ、武家ヨリ定ムベキコト勿論也、公家武家ノ政ハ正シキニ若ハナシ、正シクシテ保タバ大吉也ト議定シタマフ…

改元物語より

一年号三帝にわたる例がないとして、正保への改元が行われました。
徳川家光が「年号は天下で用いるものだから武家が定めるのは当然である。公家・武家の政治は正しいことにまさるものはない。正しくて保てば大吉である」と述べています。
このように、江戸時代初期の改元についての事情が記されています。

『改元物語(改元格)』は、所功 著『年号の歴史』で翻刻されており、読むことができます。
ネット上にないのか調べたところ、国文学研究資料館の電子資料館にある古事類苑の歳時部に引用されていました。

古事類苑データベース

本文1,000巻、洋装本で51冊(60冊版もあり)、和装本で350冊にのぼる『古事類苑』は、その完成から約1世紀が経とうとしている今なお、日本最大規模の地位を保ち続けている百科事典です。

国文学研究資料館 古事類苑データベースより

歳時部 > 年號 > 年號通載
に大化から始まる各年号が表示され、元和から延宝にかけて関係する史料として『改元物語』が引用されています。
他の史料として『續史愚抄』『元秘別録』などがひかれています。

関連

戦国・江戸元号並べ – nackpan Blog
「戦国・江戸元号並べ」攻略のヒント – nackpan Blog
町田明広『島津久光=幕末政治の焦点』を読みました – nackpan Blog

2019年3月開発状況

2019年3月。

RepeteおよびRepete Plusのアップデートを行いました。
Siriから起動して再生できるようになりました

アップデート以前から、Siriに「Repete(レペテ)」もしくは「Repete Plus(レペテプラス)」と呼びかけると、アプリが起動することはできました。これは、特に何も実装せずともiOS側で処理してくれていました。
起動するだけでなく、再生開始するとなると、手を入れる必要があります。

Apple Documentation

SiriKit – Apple Developer
Siriの紹介。
4つの大項目。Siri Kit、Siriショートカット、ショートカットApp、SiriKitのドメインとインテン。
documentationへのリンクなど。

Domains and Intents – SiriKit – Human Interface Guidelines – Apple Developer
Siriのヒューマンインターフェイスガイドライン

Sire ShortcutsはiOS 12から登場。

Siriは、ユーザーの日課とAppを賢く組み合わせて、必要な時に便利なショートカットを提案できるようになりました。Shortcuts APIを使用すると、ロック画面、検索、Siriの文字盤から直接、Appに関連したタスクをすばやく実行することができます。ユーザーは、自分の声でショートカットを実行したり、新しいショートカットAppを使って自分だけのショートカットを作成することができます。

SiriKit – Apple Developer より

ショートカットApp。WorkflowというアプリがAppleに買収されて、ショートカットAppとなっています。

ユーザーは、複数の手順を組み合わせたカスタムのショートカットを作成することができ、そこにAppに組み込まれているショートカットを組み合わせることもできます。1回タップしたりSiriに話しかけたりするだけでそのショートカットを実行することができます。

SiriKit – Apple Developer より

Siriショートカットの実装には、NSUserActivityを用いる方法とIntentを用いる方法があります。

SoupChefというAppleのサンプルで、実装の様子がわかります。
SoupChefでは
「チーズ入りのクラムチャウダーふたつ」
「レッドペッパーのトマトスープひとつ」
といった注文をSiriにアプリ内で登録します。

登録の際には、覚えやすい単純な言い回しを録音します。
そのあと、Siriに登録した言い回しで呼びかけることで、処理を実行できます。

登録の際に、「チーズ入りのクラムチャウダーひとつ」と「チーズ入りのクラムチャウダーふたつ」は別個のショートカットとして登録する必要がありました。  
「二杯のクラムチャウダー」としてみたときに「ニーハイクラムチャウダー」と認識され、Siriショートカットの開発前に期待してたほど聞き取ってくれるわけではないのだとわかりました。数量を聞き取ってくれるものかと思っていたので残念でした。

今回は、NSUserActivityを用いて実装しました。

Siriにフレーズを登録し、そのフレーズで呼びかけることで、アプリが起動し再生が開始できるようになりました。

Siriによるオーディオの再生について

2019年3月。RepeteおよびRepete Plusに、Siriから起動して再生する機能を加えるアップデートを行いました。

そのさいに、Siriによるオーディオの再生について現状できることを調べました。
Siri を使って音楽や Podcast を再生する – Apple サポート

Siri を使って音楽や Podcast を再生する。
Appleのサポートページ。
「音楽を聴く」の項目の説明。

Apple Music に登録していれば、Apple Music を丸ごと全部楽しめます。カタログ全体にアクセスして、Apple Music プレイリストもすべて (自分で作ったものも) 聴くことができ、ラジオステーション、Beats 1 のエピソード、あなたのためだけの「パーソナルミックス」も全部楽しめます。
そして Siri に頼んで、アーティスト名やアルバム名で検索し、再生中の曲を操作できます。流れている曲の情報も教えてもらえます。 
Apple Music に登録していなくても、Siri でミュージックライブラリの曲 (iTunes 購入した曲や iTunes Match の曲) を再生できます。

「音楽を聴く」の大項目には6つの項目があります。

 * 曲やアルバムを探して再生する
 * 曲をチャート別に探して再生する
* 音楽をライブラリやプレイリストに追加する
* ラジオやステーションを再生する
* 再生中の曲をコントロールする
* 再生中の曲について調べる

iPhone XR Max +  iOS 12で実際やってみたところ、

「〈アーティスト名〉をかけて」
「〈アーティスト名〉の〈アルバム名〉をかけて」
「〈アーティスト名〉の〈曲名〉をかけて」
などで再生できました。
「クラシックをかけて」
手持ちのクラシックがかかりました。
「楽しい曲をかけて」
だと、「そのためには、Apple Musicに登録する必要があります。」
となりました。(自分は現在Apple Musicに登録してないです。かつては登録していましたが、Amazon Prime登録時に退会してしまいました。)

 * 再生中の曲をコントロールする
 * 再生中の曲について調べる

の項目がありますが、再生中だと、「Hey Siri」と呼びかけてもなかなか反応してくれません。器楽曲だと反応してくれることありました。歌ものだと全然反応してくれません。ボリュームを絞ると、反応してくれました。
なかなか反応してくれない間、脇の棚にあるiPad Proの方が頻繁に反応。
iPhoneのAmazon Musicを開き再生中に、Alexaで試してみました。こちらだと再生中でも結構呼びかけに応えてくれました。

「Repete」をアップデートしました(version 3.8)

iPhone/iPadアプリ「Repete」(レペテ)(旧「語学学習支援プレイヤー」)をアップデートしました。(version 3.8)

「Repete」(「語学学習支援プレイヤー」)は、語学学習の手助けをするオーディオプレイヤーです。ファイルの無音部分を分析し、流れる言葉が一区切りしたところで、あいだをおいて再生します
リピーティングに便利なオーディオプレイヤーです。

変更点

Siriから起動して再生できるようになりました。

1. iPhone/iPadの「設定」 > 「Siriと検索」> 「ショートカット 候補」 > 「すべてのショートカット」> 「Repeteを再生」を押します。

2. フレーズ登録画面が表示されますので「Repeteを再生」などの言いやすいフレーズを登録します。

3. Siriを呼びだし、登録したフレーズで呼びかけることで、Repeteが起動し再生が開始します。

* 今回より、iOS 12.1以降対応となります。

よろしくおねがいします

「Repete Plus」をアップデートしました。(version 5.5)

「Repete Plus」をアップデートしました。(version 5.5)

Repete Plusは、語学学習を支援するオーディオプレイヤーです。
語学教材のフレーズごとに自動的に間隔をあけて再生できます。

App Storeはこちら

使い方を紹介しているサポートサイトはこちら
Repete Plus – nackpan Blog

変更点

Siriから起動して再生できるようになりました。

1. iPhone/iPadの「設定」 > 「Siriと検索」> 「ショートカット 候補」 > 「すべてのショートカット」> 「Repete Plusを再生」を押します。

2. フレーズ登録画面が表示されますので「Repete Plusを再生」などの言いやすいフレーズを登録します。

3. Siriを呼びだし、登録したフレーズで呼びかけることで、Repete Plusが起動し再生が開始します。

* 今回より、iOS 12.1以降対応となります。

よろしくお願いします

iPhoneでの「言語と地域」設定(iOS 12版)

iPhoneで、まるで知らない言語の「言語と地域」に変更してしまったとき、どこを選べば元に戻せるのか困ったのでメモ

以前、iPhoneでの言語環境設定 | nackpan Blog
iPhoneでの言語環境設定(iOS 8版) | nackpan Blog
iPhoneでの「言語と地域」設定(iOS 9版) | nackpan Blog
という記事を書きました。iOS 12でちょっと画面の項目数、項目名が変わっていたので、新たに書きました。

1. 設定アイコンを選択
settings
2. 設定画面が表示されるので、下図のgear2015-10-05アイコン(「一般」にあたる)を選択
3. 表示された画面で、下図の「言語と地域」に相当する項目を選択

(項目数でいうと、2個、3個、1個、2個、4個(<-ここの3番目です))

4. 表示された画面で、下図の「iPhoneの使用言語」に相当する項目を選択
5. 使用言語を選択します

これで、言語環境が変更されます

町田明広『島津久光=幕末政治の焦点』を読みました

町田明広『島津久光=幕末政治の焦点』(講談社、2009)を読みました。
講談社選書メチエの一冊で、通巻番号431となっています。
あとがきによると、編集は講談社の青山遊さん。

目次

プロローグ

序章
第一章 久光体制の確立と上京政略
一. 「久光四天王」体制の誕生
二. 掘・中山による率兵上京への地ならし
三. 久光の「皇国復古」とその政略

第二章 錯綜するイデオロギー
一. 尊皇志士と義挙計画
二. 西国志士たちの思想
三. 岩倉具視=朝廷の思惑

第三章 率兵上京と中央政局
一. 上京開始と反抗勢力
二. 九条関白と酒井所司代の対応
三. 久光の入京と建白

第四章 寺田屋事件の深層
一. 「義挙」へ突き進む志士たち
二. 伏見義挙計画、そして事件勃発
三. 事件の意義と長州藩との確執

第五章 久光vs.京都所司代—朝廷での政争
一. 勅使派遣問題
二. 久光の名代・中川宮

第六章 朔平門外の変—薩摩藩最大の危機
一. 事件直前の中央政局
二. 追いつめられる薩摩藩と中川宮
三. 謀略の真相とその影響

第七章 八月十八日政変—首謀者は誰か?
一. 久光召命問題と上京政略
二. 政変の主役・高崎正風
三. 政変の首謀者と中川宮

第八章 元治・慶応期の久光・薩摩藩
一. 参予会議と薩長盟約の締結
二. 四侯会議と王政復古への転換

エピローグ


NHKカルチャーラジオの「NHKカルチャーラジオ 歴史再発見 西郷隆盛 その伝説と実像 (NHKシリーズ)」を聴いていたおり、講師の町田明広さんが書いた本ということで手にとりました。

幕末の元号

裏表紙に、

幕末がいまだ「政治の季節」であった文久期

とあります。
文久期と言われても、いつ頃かわからない…という思いが年号(元号)について調べ「戦国・江戸元号並べ」を作成するきっかけとなりました。

幕末の年号(元号)は、嘉永・安政・萬延・文久・元治・慶応・明治と移り変わります。
黒船来航から数えると20年足らずの期間で頻繁に年号(元号)が変わっています。
災異を理由として改元がおこなわれるというのは知っていましたが、年号(元号)について調べて知ったことに辛酉革命改元、甲子革令説があります。
文久改元は辛酉革命説による改元、元治改元は甲子革令説による改元です。
干支が辛酉にあたる年、甲子にあたる年には讖緯(しんい)説で大きな変革がおこるとされ、その難を避けるために改元が行われるようになったものです。辛酉年の改元が60年に一度行われ、そのあと4年で甲子年の改元が行われれ、立て続けに改元が起こることになります。

中川宮(=青蓮院宮=朝彦親王)

文久2年の島津久光による率兵上京とそれに引き続く行動で、幕末史がおおきく転回したさまが描かれています。
著者が「島津久光四天王」と呼ぶ島津久光の側近小松帯刀・中山中左衛門・堀次郎・大久保一蔵の紹介のあと、文久年間の島津久光の動向・京都での薩摩藩士の動向が記されます。
出来事には日付が示され、いつ誰がどこにいるのか、京都にいるのは誰か、誰が行動したか、史料に即して示されます。

幕末史をほとんど知らないので、初読時には人名判別ができませんでした。
中~さんいたなというかんじで中山忠能と中川宮を混同したり、正親町三条と三条を混同したりしました。
中川宮に関しては、他の幕末を扱った本でも登場するのですが、呼び名がいろいろあって同一人物となかなか気づきませんでした。朝彦親王、尊融法親王、青蓮院宮、久邇宮…など。

朔平門外の変

「第六章 朔平門外の変—薩摩藩最大の危機」が、非常に印象に残りました。
「朔平門外の変」とは、文久3年5月20日堂上公家の姉小路公知が、朔平門外で暗殺された事件です。
幕末志士を紹介する本で、公家が暗殺された事件があったことは記憶にありました。この時期「天誅」と称する尊王攘夷派による幕府側に対するテロが並ぶなかで、佐幕派による尊王攘夷派へのテロと紹介され、この事件は毛色が違ってるなあと思いがありました。対象が公家であるというのも珍しい感じがしました。

本書では、「朔平門外の変」の背景、事件の影響、そして事件の真相に迫っています。
姉小路公知は「即今破約攘夷派」の旗頭の公家です。文久3年5月20日夜に、朔平門外で三人の刺客に襲われ重傷を負い、その後死亡しました。
現場には、薩摩藩士田中新兵衛の刀が遺棄されていました。田中新兵衛は捕縛されますが、隙を見て自殺してしまいました。
犯行関与を疑われた薩摩藩および薩摩藩に協力的であった中川宮の立場が危うくなりました。

田中新兵衛は「天誅」を行う側でした。「即今破約攘夷派」の姉小路公知を殺害するのはおかしいということで、以前読んだ幕末志士を紹介する本では、何者かが田中新兵衛の刀を盗み現場に置いた謀略とする説が紹介されていました。
本書では、田中新兵衛が犯人である、とみています。黒幕には、「即今破約攘夷派」の公家滋野井公寿・西四辻公業があったと推定しています。
では、なぜ彼らは姉小路公知を殺害したのか?
実は、姉小路公知は事件の少し前から通商条約容認に傾いたから。

姉小路公知は事件の一月前に大阪に行っています。そのさい、勝海舟から海軍設置の説を聴き、幕府軍艦順動丸に乗り込んでいます。この後、「即今破約攘夷派」から脱却し通商条約容認に傾きます。そのことは、一部の者は知るところとなりました。
「即今破約攘夷派」の滋野井公寿・西四辻公業は、姉小路公知の変節は「即今破約攘夷派」の死活に関わると考え、殺害を計画。田中新兵衛をひきこみ、事件を引き起こしました。

これが本書の見立てです。

2019年2月開発状況

2019年2月。

Repete Plusのアップデートを行いました。
Repete Plusは、語学学習を支援するオーディオプレイヤーです。
語学教材のフレーズごとに自動的に間隔をあけて再生できます。
また、フレーズをペアにして再生することができます。(日本語文と英語文をペアにして瞬間的に訳す練習などができます)

App Storeはこちら

6日から11日。
Repete Plusのアップデート version 5.3 

* まれに再生が意図せず止まってしまう不具合を修正しました。

15日から27日。

Repete Plusのアップデートversion 5.4。

 * ペア区間のA区間、B区間の再生回数を0に設定できるようになりました。

(日本語文・英語文をペアにして学習しているケースを想定した時、日本語文のみ、英語文のみを再生することができるようになりました)

 * 再生中の区間を再生不要にしたさい、次の区間の再生回数が少なくなってしまう問題を修正しました。

 * 「設定変更」ボタンでのメニューが、作成日時の古いものから新しいものへと並ぶようになっているはずが、そうなっていないことがあったので修正しました。