2017年7月開発状況

Repete Plusの待ち時間の下限を0にする処理を試みましたが、とりやめました。
Repeteの選曲画面をRepete Plusのものに準拠させました。
Etow、カレンダー形式での表示部分を実装中。

### Repete Plus
Repete Plus – nackpan Blog
待ち時間の下限を0にする処理を試みました。
そして、十数回繰り返しでもとまらない処理を書けました。
しかし、その処理後の待ち時間0で聞いてみると、やっぱりすこし間ができてしまいました。
残念ながら、不採用。
待ち時間の下限は0.1のままとしました。

### Repete
Repete – nackpan Blog
• 選曲画面を変更しました。
Repete Plusで使用しているスタイルに準拠しました。
• 前回選んだ項目を読み込む機能を加えました。
• データベースにRealmを導入しました。
• 初回時、スライダーが進んでいかない不具合を修正しました。

### Etow
7月
• カレンダー表示のために、Collection Viewについて学びました。
• 日時のしるしかたについて学びました。
参考: Swift 3 の日時操作チートシート – Qiita
【Swift】Dateの王道 【日付】 – Qiita

日々の進捗に対する気持ち・気分をカレンダー形式で表示したもの。7月後半から。
CGContextを使用した描画方式。
黒ペン、白キャンバス。

2017年6月開発状況

月ごとの開発状況をブログ記事にしていたのですが、2017年5月を最後に途絶えていました。
今になってではありますが、その続きを記します。
2017年5月の記事を読むと、もうMetalは触っていたことや、Etowの開発期間が思っていたよりもさらに長くておののきます。
読み返せるところにやはり書いておくべきだと思いました。

2017年6月の開発状況のまとめ

• Repete Plusのアップデート(version 3.0)を行いました。
• Rendowに、有料の視覚エフェクトを追加しました。
• 10秒絵日記「Etow」には手をつけられませんでした。

Repete Plus

Repete Plus – nackpan Blog
6月前半はRepete Plusのアップデートを行いました。
version 3.0作成しました。
追加した主な機能。
• タップジェスチャーに、「現在区間の再生・再生不要の切り替え」を追加
 これによって、いまの区間は習得したなぁ、というときにタップすれば、その区間を再生不要にできます。
オーディオエディターを開き、波形部分を拡大して、該当する区間を見つけて、チェックを外す、という手間が省けます。

• テキストエリアの拡大機能。
テキストエリアを拡大する機能をつけました。

Rendow

Rendow – nackpan Blog
こちらのアプリに手を入れるのは久しぶり。
走る速度に合わせて音楽の速度がかわるアプリです。

In-App Purchase処理の実装。
有料アイテムとして、視覚エフェクトを追加しました。

Etow

この月は、Etowにはほぼ手をつけられませんでした。

2017年のふりかえりと2018年の抱負

2018年、最初の更新となります。

すでに2月に入っています。大変遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

2017年のふりかえり

2017年のアプリ開発をふりかえります。

2017年前半は、Repete Plus、Repeteのアップデートを行いました。また、新たなアプリのための調査を開始しました。
このブログでも5月の開発状況までは、書き記していました。
2017年5月開発状況 – nackpan Blog

2017年後半は、Repete Plus、Repeteのアップデートと並行して、新たなアプリの開発を行う予定でした。
しかし、ほぼ新アプリの開発に費やすこととなりました。

新たなアプリの名前は「Etow」
日々の気持ちや気分をさらっと絵で描いて記録しよう、というアプリ。
迷ったり完成度を気にする余地がないように描画時間を10秒に制限しました。
これで例えばアプリ開発の進捗状況を伝えることができるのではないかと考えたもの。

7月から本格的に開発を始めました。
夏の終わりまでにはリリースしたいと考えていました。
しかし。
夏が終わり、秋が過ぎ、冬が来て、年が明けても完成しませんでした。
2月になって、ようやくできました。
あまりに長引いてしまって、開発後半はすっかり気持ちが塞がり、沈み、ぼんやりし、鈍磨しました。
完成間際となると気持ちも持ち直しましたが、やはり予定を大幅に超過するというのは心身によくないです。まいりました。


画像は完成した10秒絵日記「Etow」

2018年の抱負

2017年後半は、Repete Plusを並行して進めるつもりでしたが、さっぱり手をつけることができませんでした。
まずは、Repete PlusとRepeteの改修作業を進めたいと思います。
さまざまな要望、不具合報告をいただいているので、緊急性が高いものから進めて行きたいです。

また、あれこれと作りたいアプリがノートにたまっております。完成しないまま時間が過ぎると心身が不調に陥るので、なんらかの成果物が月にひとつ程度出せるような形で開発ができたらなと思います。

Repete Plusをアップデートしました(version 3.1)

「Repete Plus」をアップデートしました。(version 3.1)

Repete Plusは、語学学習を支援するオーディオプレイヤーです。
語学教材をフレーズごとに自動的に間隔をあけて再生できます。

App Storeはこちら

使い方を紹介しているサポートサイトはこちら
Repete Plus – nackpan Blog


内部プログラムを最新の環境であるSwift 4に更新しました。iOS 11に正式に対応しました。


よろしくおねがいします

「Repete」(旧「語学学習支援プレイヤー」)をアップデートしました(version 3.1.1)

iPhone/iPadアプリ「Repete」(レペテ)(旧「語学学習支援プレイヤー」)をアップデートしました。(version 3.1.1)

「Repete」(「語学学習支援プレイヤー」)は、語学学習の手助けをするオーディオプレイヤーです。ファイルの無音部分を分析し、流れる言葉が一区切りしたところで、あいだをおいて再生します
リピーティングに便利なオーディオプレイヤーです。

変更点

内部プログラムを最新の環境であるSwift 4に更新しました。iOS 11に正式に対応しました。


よろしくおねがいします

MacBook Pro 2017を買った

MacBook Proを購入しました。
MacBook Pro – Apple(日本)
(MacBook Pro 2017という書き方かと思っていましたが、あらためてページを見ると、MacBook Proとのみしるされていますね。)

経緯

いままでMacBook Air (13-inch, Mid 2011)を使って、アプリ開発を進めていましたが、最近とみにちょうしがわるくなってきました。
SafariとXcodeを起動していると、動きが鈍る、フリーズする。ので、同時にはつかわず運用。
ヒンジも緩み、ひらくとディスプレイはくたりと倒れ気味。
ここひと月。Xcodeの調子がとくに悪くなりました。
設定からコード補完機能をはずしていき、なんとか使っていました。
10月に入ってからは、1行ごとにレインボーカーソルが回る。
これでは、アプリ開発が進みません。
現在開発中のアプリが完了するまでは、このMacでいきたいと考えていましたが、そうもいかなくなりました。

注文

10/04。
あらたなMacを注文しました。
13インチMacBook Pro – スペースグレイ
16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
512GB SSDストレージ
アプリ開発に使用することから、メモリとストレージを強化。
到着予定日は、2017/10/12 – 2017/10/13。
メモリとストレージの変更前は、注文日からすぐの到着予定でしたが、変更後は一週間ほどのびました。

到着

到着は10/10でした。予定より早まりました。
さっそく開封。
起動。
おー、文字がくっきりしたような。
トラックパッドのクリックがいちいち押し込まないけない、これはどうして?
古いMacでは
システム設定 > トラックパッド > タップでクリック(一本指でタップ)
の設定をしていたのを、もはや忘れていました。
あらためて、新たなMacでも「タップでクリック」を設定。

移行

さて。
古いMacから新しいMacへデータを移行しましょう。
新しい MacBook または Late 2016 モデルの MacBook Pro にコンテンツを移動する – Apple サポート
このページを参考に移行処理を試みました。
筆頭に記してある方法、
* Wi-Fi 接続で移行する
こちらは、うまくいきませんでした。
ので。
* USB とアダプタを使って Time Machine などのバックアップから移行する
を試みました。
じつを申すと、Time Machineを使っていなかったので、今回、バックアップを新規作成です。
バックアップ用に使えそうなHDDを探し出してきて、接続。
バックアップ開始です。
これは相当時間かかりそうなので、就寝。
寝てる間にお願いします。
で。
翌朝。
10/11。
バックアップ完了していました。
やった。
しかし。
HDDと新たなMacを接続するには、USB-C – USBアダプタが必要です。
Usb-c – usbアダプタ – Apple(日本)
こいつです。

その晩。
USB-C – USBアダプタを購入して帰宅。
Time Machine バックアップを使っての移行は、スムーズに成功。
よかった。すばらしい。

ということで、新たなMacで、気持ちも新たにアプリ開発を続けていきましょう。

「Repete」(旧「語学学習支援プレイヤー」)をアップデートしました(version 3.0.1)

iPhone/iPadアプリ「Repete」(レペテ)(旧「語学学習支援プレイヤー」)をアップデートしました。(version 3.0.1)

「Repete」(「語学学習支援プレイヤー」)は、語学学習の手助けをするオーディオプレイヤーです。ファイルの無音部分を分析し、流れる言葉が一区切りしたところで、あいだをおいて再生します
リピーティングに便利なオーディオプレイヤーです。

変更点

version 3.0.1

• アプリバージョン2.5から3.0へアップデートした際に強制終了する不具合を修正しました
ご迷惑をかけた方、申し訳ありません。

version 3.0

• 選曲画面を変更しました。
Repete Plusで使用しているスタイルに準拠しました。

+ 履歴タブ、録音タブが加わりました。
+ プレイリスト、アーティスト、曲、アルバムタブでは、直近の5アイテムが上部に表示されます。

• 起動時に、前回使用した曲が表示されるようになりました


よろしくおねがいします

2017年5月開発状況

2017年5月。

新作アプリ作成中です。
Repete Plusのアップデート(version 2.4)を行いました。
サイトをさくらVPSに移行しました。

新作アプリ作成中

筆ブラシの作成問題継続中。
ひきつづき、Metalを学習中。
Appleが提供するサンプルコードMetalGameOfLife
MetalGameOfLife: Data-parallel Programming with the MTLComputeCommandEncoder in Metal
を読んでいます。

ブラシを作成。


狙ったブラシができず、停滞中。

サイトの移行

サイトをさくらVPSに移行しました。
「サーバーってなに?」~初心者でもよくわかる!VPSによるWebサーバー構築講座(1) – さくらのナレッジ
こちらをおおいに参考しました。

Repete Plus

  • ファイル末尾に無音時間を足す処理を作成しました。
    多くの語学教材では、ファイル末尾にはかなり長い無音時間があります。
    そこで、語学学習支援プレイヤー(Repeteの前名)作成時から、ファイル末尾の無音部分はカットしてしまう処理をしていました。
    しかし、待ち時間なしで使った際には、ファイル最後の区間ではまったく間がなくなってしまいます。
    この問題に対処するために、ファイル末尾に無音時間を足す処理を作成しました。

  • タップジェスチャーで、「現在区間の再生・再生不要の切り替え」する機能を作成開始しました。
    • 現在区間の再生・再生不要の切り替え」する機能を実装しました。
    • タップしたさいに、行われた操作を示す画像を一瞬表示する機能を実装しました。「再生」「早送り」「区間を再生不要へ」などを示す画像を表示します。

区間の再生/再生不要の切り替えするさいには、
オーディオエディターを開く -> 該当箇所を探し拡大する -> チェックボックスをタップ
という過程を経ていました。
単語集などを順次再生していって、習得した区間はさっと再生不要としたいときなど、手間だなぁと感じていました。
テキストエリアのタップによって、「現在区間の再生・再生不要の切り替え」できることで、すばやく操作ができます。