Repete Plus

Repete Plusは、語学学習を支援するオーディオプレイヤーです。
複数のフレーズが収録された語学教材を自動的に間隔をあけて再生できます。

主な特長
• フレーズ間の無音部分を見つけて自動区切り
• 区切り点の編集機能
• フレーズ再生後のインターバルを秒数もしくはフレーズ時間に対する比率で細かく設定
• フレーズごとに再生する・しないを設定
• 再生速度変更機能
• バックグラウンド再生
• テキストメモ機能

※ iTunesStoreのAudioBookやAppleMusicの曲など「保護されたファイル」は再生できません。


目次

各部名称
無音検出
区切り編集機能の使いかた
オーディオエディターのTips
テキストメモ機能について
区間同士でペアを作る機能
設定をすばやく変更する
ジェスチャー機能


各部名称

基本画面

オーディオエディター

△目次に戻る


無音検出

• 基準時間
無音部分が「基準時間」より長いならば、そこで区切られます
• レベル
無音であると認定する音の大きさ。 「レベル」が大きくなると、少しノイズ音が入っていても無音であると認定します

△目次に戻る


区切り編集機能の使いかた

ピンチ操作で拡大・縮小

拡大している状態で、左右に指を滑らせるとスクロールできます

区切りマークが並んでいるエリアでタップすると、区切りの作成・消去ができます

区切りマークは動かせます(マークを押してから左右に動かす)

再生・再生不要チェックボックスをタップすると、再生・再生不要が切り替わります

△目次に戻る


オーディオエディターのTips

現在再生している箇所を、波形図上に表示するTips
1. 表示されている波形図部分に、現在再生している箇所が入っていないことがあります
2. その場合、一度オーディオエディターを閉じてから再度開いてください
3. 現在再生している箇所を中心に、波形が表示されます。

△目次に戻る


テキストメモ機能について

テキストエリアでテキスト入力
テキストエリアに、テキストを書き込むことができます。
以後、そのとき使用していたオーディオファイルを選ぶと書き込んだテキストが表示されます。
対応するファイルの使用中はそのテキストが表示され、別のファイルに移ると別のファイル用のテキストが(もしあれば)表示されます。

テキストエディターボタン
テキストエディターボタン(上図、矢印で示したボタン)を押すと、テキストエディター用のメニューが開きます。
メニューの各項目について説明します。

編集

編集ボタン選択
編集ボタンを選ぶと、編集モードとなります。
キーボードが現れ、テキストを入力できます。
* キーボード右上の[x]ボタンを押すと、キーボードが閉じ編集モードは終了します。
x印、編集モード終了
* 編集モードになると、ジェスチャーが無効となります。
(ジェスチャーについてはこちらをごらんください)
* テキストエリア上を長押しすると、ポップアップメニューが現れ「文の選択」や「ペースト」ができます。

(ペースト。メモアプリなどで文を「コピー」していた場合、「ペースト」を行うことで、長押しした箇所にコピーした文を挿入できます。)

読み込み

読み込みボタン選択
外部からのテキストファイル読み込み機能です。
クラウドストレージ(Dropbox、OneDrive、Googleドライブ)からテキストファイルを読み込むことができます。
クラウドストレージ選択

また、オーディオファイルの歌詞欄にテキストがある場合はそこから読み込むこともできます。
歌詞選択
(iTunesのm4aファイルでは、ファイルを右クリック(Ctrl+クリック) > 情報を見る > 歌詞 > 「カスタムの歌詞」にチェック を行うことで、歌詞欄にテキストを入力することができます)

設定 > 詳細 > テキストエリア:「テキストがない時は歌詞を読み込む」 をONにすると、選曲時にテキストエリアが空白であれば、「歌詞」が読み込まれます。
設定、詳細、テキストがない時は歌詞を読み込む
(多くのファイルで「歌詞」のテキストを活用する場合に、毎回「読み込み」を選択するのを省略できます)

テキストを隠す・表示する

テキストを隠すボタン選択
テキスト表示中に、「テキストを隠す」ボタンを押すと、テキストエリアがグレーとなりテキストが見えなくなります。
テキストを隠している最中に、「テキストを表示する」ボタンを押すと、テキストが表示されます。

フォントサイズ

フォントサイズ
テキストのフォントサイズを調整します。

設定 > 詳細 > テキストエリア: フォントサイズ でサイズを設定すると、基準となるフォントサイズを変更することができます。フォントサイズ未設定の場合、ここで設定したサイズで表示されます。

テキストを削除する


テキストを削除します

△目次に戻る


区間同士でペアを作る機能

瞬間的に翻訳する練習に役立つ機能です。
オーディオエディターメニュー >
• ファイル内の区間でペアをつくる
• このファイルと次のファイルの区間でペアをつくる
から作成します。
詳しくは以下の動画で説明します。

ファイル内の区間でペアをつくる

ファイル内の区間でペアを作り、ペアを単位として再生できます。
(英語を学習中として)日本語文1->英語文1->日本語文2->英語文2…と並んでいる語学教材を、
* 英1->日1->英2->日2…と、逆順で再生
* 日1->英1->英1->日2->英2->英2…と、英語文を2回ずつ再生
などができます。

このファイルと次のファイルの区間でペアをつくる

2つのファイルの区間でペアを作り、ペアを単位として再生できます。

△目次に戻る


設定(待ち時間、リピート回数、再生方向、シャッフル、再生速度)をすばやく変更する

バージョン2.1から、設定(待ち時間、リピート回数、再生方向、シャッフル、再生速度)をすばやく変更できる機能がつきました。

  1. 設定 > 設定登録: よく使う設定を登録する > 設定変更ボタンを表示する をONにする。

  2. すると、基本画面の左下に「設定変更」ボタンが表示されます。
    このボタンから登録した設定を選択できます。

  3. 設定 > 設定登録: よく使う設定を登録する > よく使う設定: 新規登録から、使用する設定を登録します。

  4. 変更する設定を選択して、値を調整して登録してください。

  5. 「設定変更」ボタンをタップすると、登録した設定が表示され、選択できます。

△目次に戻る


ジェスチャー機能

  1. テキストエリアでジェスチャーを受け付けます。
    タップ操作・スワイプ操作で再生関連の操作を行います。
    テキストエリアでジェスチャー

  2. 設定 > 詳細 > ジェスチャーから内容を定めます
    ジェスチャー設定

  3. タップは、左端・中央・右端で別の操作を受け付けます。
    ジェスチャー、タップ

△目次に戻る


「Repete Plus」への20件のフィードバック

  1. 先日Repete Plusを購入しました。
    英語のディクテーション、リピーティング、シャドーイングに活用しております。

    簡潔なUIと使い心地に感動しました。

    二点、惜しいところがあるのでお知らせします。

    1.区切りにジャンプして再生すると音がぶつ切れになる時がある
    2.区切り設定のツマミのタップ判定が狭い

    1も2も致命的ではないのですが、1は何度か戻しながら再生させていると正常に再生できる、とかなので、ちょっと不便です。

    AVPlayer:seek(to:toleranceBefore:toleranceAfter:completionHandler:)
    のtoleranceBeforeとtoleranceAfterにkCMTimeZeroを指定するのと、completionHandler内でseekが終わるのを確実に待ってから再生開始することで修正できる気がします。
    (あ、当方もiOS開発者です)

    ご検討いただければ幸いです。

  2. Akiraさん、こんにちは。
    ご購入ありがとうございます!

    > 1.区切りにジャンプして再生すると音がぶつ切れになる時がある
    区切りに移動した際にときおりわずかにずれる問題と何度も繰り返すと止まってしまうことがある問題には、作成時さんざん悩まされました。なんとか折り合いをつけられたとしていましたが、問題が出ているとのことで修正したいと思います。
    AVPlayer:seek(to:toleranceBefore:toleranceAfter:completionHandler:)
    は当時つかったものの、うまく機能しないとしてコメントアウトしていました。
    作成時(数年前)よりは、理解が進んでいるので修正したいと思います。

    2.区切り設定のツマミのタップ判定が狭い
    長く開発しているうちに慣れてしまい、判定範囲が狭いのに気づきませんでした。
    修正します。

    Repete Plusをご愛顧いただければ幸いです。
    よろしくお願いします。

  3. 先日購入し,リピーティングの練習に使っています。
    区切りの編集も,思ったよりもやりやすく,非常に使い勝手の良いアプリだと思いました。
    もし可能であれば,以下の様な機能を実装していただければなぁと思いましたので,書かせていただきます。
    1)再生画面での区間再生回数の表示
    例えば,5回リピートの2回目だと「2/5」といった風に・・・
    2)再生画面に「区間リピート」のオンオフがあればいいなと思いました。
    3)再生画面に「待ち時間」のあり無しの選択ボタンがあればいいと覆いました。
    Originalの再生ボタンだと,そのまま再生されますが,
    待ち時間無しで「区間リピート」だけをしたり,
    「区間リピート」をしないで,待ち時間を設けるのがワンタッチで変更できればより便利と思います。

    何かの折にでも,ご考慮いただければ幸いです。

  4. Hotaruさん、こんにちは
    ご購入ありがとうございます!
    お役に立てば幸いです。

    ご要望の件、実装を検討します。
    ただ、現在作成中のRepete Plusのアップデート、Repeteの手入れを終えてからになりますので、気長にお待ちいただければ幸いです。

    よろしくお願いします。

  5. 区間停止中にbluetoothイヤホンで一時停止すると、秒数表示がおかしくなり、正常に一時停止できません。
    また、バックグラウンド再生中は、区間停止中にbluetoothイヤホンで一時停止しようとしても停止できないようです(plusでない方のrepeteでは可能)。
    iphone付属イヤホンの操作では問題ないです。

  6. futiさん、こんにちは。
    不具合報告、ありがとうございます。

    症状確認しました。
    iPhone付属イヤホンとbluetoothイヤホンではボタン操作の際に送信される情報が異なっていたのですが、それを考慮に入れていませんでした。
    修正版をAppleに提出しました。
    しばらくお待ちください。

  7. Repete Plusをアップデートしました(version 2.0.1)

    Repete Plusをアップデートしました(version 2.0.1) – nackpan Blog

    • 区間同士でペアをつくる機能を追加
    • オーディオトラックを読み込めなかった際にクラッシュする不具合を修正しました。
    • メディアピッカーの改善。
    • リピート回数の表示機能追加。
    • ラベルテキストの修正。
    • 「フォルダを名前変更したさい正しく処理されない」という不具合の修正

    よろしくお願いします。

  8. 修正確認しました。ありがとうございます。
    英語の学習にとても役に立っています、

  9. futiさん、こんにちは。

    ちゃんと直っていて良かったです。
    学習のお役に立てば幸いです。
    これからもよろしくお願いします。

  10. こんにちは。レピテの頃から何年も愛用させて頂いております。
    レピテプラスも早速使っているのですが、要望が数件あり、書かせて頂きます。
    リピート回数や再生速度を変更する際の手順ですが、現状「設定を押す→リピート回数の部分の矢印を押す→数字の欄を押す→数値を消す→数字を書く→完了を押す→戻るを押す→戻るを押す」という手順になるので、少々面倒なのです。私の使い方の場合、一日に何度もこの変更をするので、もう少し簡単にならないかなぁと思ってしまいます。
    せめて、数字部分がスロットのようになっていて、設定画面から一気に変更できると大変便利なのではないかと想像しています。(本当は、メイン画面の上の空白部分にでも設定ボタンがついていれば最高です)
    どうしてもという事ではないのですが、ご検討頂ければ幸いです。

  11. ヨシコさん、こんにちは。

    現在、リピート回数などの設定をすばやく変更できる機能を作成中です。
    いましばらくお待ちください。

  12. Repete Plusをアップデートしました(version 2.1)

    Repete Plusをアップデートしました(version 2.1) – nackpan Blog

    • 設定(待ち時間、リピート回数、再生方向、シャッフル、再生速度)をすばやく変更できるようになりました。
    1. 設定 > よく使う設定を登録する > 「設定変更ボタンを表示する」をONにする。
    2. 「よく使う設定」に使用する設定を登録。
    3. 基本画面の左下に「設定変更」ボタンが表示されています。ここから登録した設定に変更できます。


    • 設定の一部(ジェスチャー、区切りデータ管理、クラウドストレージ連携)を、設定 > 詳細に移動しました。
    • 「Repete Plus」のサポートサイトへのリンクを追加しました。(設定 > 情報 > 「Repete Plus」のサポートサイト)
    • 待ち時間を30秒に指定すると強制終了する不具合を修正しました。
    • バックグラウンド再生中に、次区間ボタン(あるいは前区間ボタン)を押した後、待ち時間中にフォアグラウンドに戻ると再生がおかしくなる不具合を修正しました。

    よろしくお願いします。

  13. たいへん便利なアプリを開発いただき、ありがとうございます。
    最近 repete plus を購入し、使用を開始しましたが、(iPadで使用しております)

    (1) 試しにテキスト編集機能を使ってみたところ、編集を終了させることが出来ず、テキストエリアでジェスチャーを行おうとしても、テキストの最後にカーソルが表示され、テキスト編集状態になってしまい、ジェスチャーを使用できなくなってしまいました。テキスト編集を終了されるにはどうしたらいいでしょうか。具体的方法をお教えいただくか、マニュアルがある場合はURLをお4)ていただければ幸いです。

    (2) そのほかにも、語学用教材を使用する際、区間の名前やセンテンスの内容をテキストエリアに記録・表示して、そこから当該区間に直接ジャンプできるようにするようなことが出来ればたいへん便利だと思いますが、そのようなことは可能か、あるいは今後可能とする予定はありますか?

    (3) 音声データと同期するテキストファイルを別途作成し、読み込ませることは可能ですか。

    (4) 全般にテキスト関連の使用方法に関わる情報にたどり着けなくて苦労しております。御配慮いただけたら幸いです。

    ご返答いただけましたら、幸いです。よろしくお願いいたします。

  14. 黒坂さん、こんにちは
    ご利用ありがとうございます。

    テキスト関連機能について、さっぱり情報がなく申し訳ありませんでした。
    このサポートページに「テキストメモ機能について」の項目を記しましたので、そちらもごらんください。

    (1) テキスト編集機能の終了方法について。
    編集を選ぶと、キーボードが表示されますが、キーボードの右上の[x]ボタンを押してください。
    キーボードが閉じ、編集モードが終了します。

    (2) テキストからの該当区間へのジャンプ機能について
    現在のところは、実装予定はありません。申し訳有りません。

    (3) 音声データと同期するテキストファイルの読み込みについて
    外部からテキストファイルを読み込むことは可能です。
    * 別アプリでコピーした文章のペースト
    * Dropboxなどのクラウドストレージからの読み込み
    * 音声ファイルの歌詞情報からの読み込み
    が可能です。
    読み込んだテキストは、音声ファイルと連動します。その音声ファイル使用中は表示され、別の音声ファイルに移動すると表示されなくなります。
    音声ファイルのある箇所を再生中に、テキストファイルのある箇所を表示するといったことはできません。

    (4) テキスト関連の情報について
    このページに「テキストメモ機能について」の項目を記述しましたので、そちらもご参考にいただければ幸いです。

    今回は、テキスト関連情報について探してくださり、そのうえコメントを残していただき大変お手数をおかけしました。すこしずつ改善を進めてまいりますので、今後とも「Repete Plus」をよろしくお願いします。

  15. こんにちは、最近購入して便利に使わせて頂いています。

    要望なんですが、テキストエリアが狭く感じます。

    再生中はテキストのみ表示する機能か、または操作エリアを隠せるようにして頂きたいです。

    検討お願いします。

  16. つくねさん、こんにちは

    > 要望なんですが、テキストエリアが狭く感じます。

    テキストエリアのサイズを切り替え、広く表示できる機能を実装したいと思います。
    ですが、
    1. 現在作成中のアプリにめどをつける
    2. 要望のあったキーボード表示中の再生関連ボタン操作機能の実装
    3. GoogleドライブAPIの接続方式が変更になったのでその対応
    を終えてからになりますので、着手までしばらく時間がかかります。
    気長にお待ち頂ければ幸いです。

  17. 3月27日に質問させていただきました黒坂です。
    さっそく翌日に回答いただいたにも関わらず、気づかず申し訳ありませんでした。
    迅速で丁寧なご対応、大変ありがとうございました。
    まずはお礼まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です