iOSアプリを開発しはじめるにあたってまず読んだ本

前回紹介したObjective-Cの基本を解説した記事を読んだ後、本を読んだらサンプルコードの意味が分かった。

買ってた本は、
新居雅行「iOSアプリケーション開発入門」と、國井貴浩「iPhoneアプリ開発のコツとツボ」

 

新居雅行「iOSアプリケーション開発入門」
2012年8月10日初版第一刷。ARC使用。

「クラウド住所録を作ろう」というのが、三章に渡ってある。ネットワークにアクセスしてデータをやりとりする方法。ここで、Amazon Web ServiceのSimpleDBを用いるんだけど、この登録から利用開始までの流れがスムーズすぎてびっくりした。電話確認がオートマティック。

テーブル、画面遷移。データの保存、変更、削除。をあつかう。

あと、縞板風の模様があしらってあるカバー、凹凸があって手触りがおもしろい。

 

 

國井貴浩「iPhoneアプリ開発のコツとツボ」
2012年4月10日初版第一刷。ARC使わない。

「落書きアプリケーション」の作成を通して、Objective-C、iPhoneアプリの作り方を学ぶ。

特徴。Xcodeであらかじめ用意されているいろいろ機能つきひな形、ボタンなどのUIを用いない。

Empty Applicationからはじめる。「落書きアプリケーション」で必要な機能を順を追って、付け加えていく。

色を選択するパレットを描くには?  選ばれたものを知るには?
描いた画像を保存するには?  画像をロードするには?
サムネイル画像が並んだ画面を作るには?  スクロールはどうする?
・・・と、ステップを踏みながら、進めていく。

UIViewに機能を付け加えて、ボタンの役割を果たせるようにする。
など、自作していくことによって、iPhoneアプリの仕組みが理解できる。

CALayerについて詳しい記述がある。例えば、ハート型を描いてグラデーションをかけて塗りつぶすには?考え方、手順を解説。

iOSアプリを作り始めて、Objective-Cってどういう言語なんだ?ってなったとき参考になったサイト

iOSアプリを作ろうと思い立って、本を買った。

サンプルプログラムをぺちぺち打ち込んでいく。打ち込んでいくうちにObjective-Cがどういうものか分かってくるだろう。
とおもってたけど、さっぱり何をやっているのかつかめない。

「なんだ、このinterfaceは?(←Javaのinterfaceと混同している)」「関数名が長い?というか、ものすごくずらずらとくっついてきてるのは?」
など、混乱。

そういうわけで、Objective-Cの基本を解説した記事

Cocoaの素、Objective-Cを知ろう(1):Objective-Cは特殊な言語? (1/2) – @IT

を読んだ。

「@interface」でクラスを宣言し、そのクラスがどんな変数やメソッドを保持しているかを示します。「@implementation」ではメソッドの具体的な処理内容を実装します。

Objective-Cでは、メソッドの引数の1つ1つに、メッセージ式で利用するためのキーワード(メッセージキーワード)を指定することができます。メッセージキーワードは、上記のmyIntのように:(コロン)の前に記述します。そして、それらすべてのキーワードをつないだものが、そのメソッドのメソッド名ということになります。

この連載記事で、ようやっとObjective-Cのソースコードの意味が分かるようになってきた。めっちゃ、勉強になった。

この連載は、8回連載で記事一覧はこちら。

「Cocoaの素、Objective-Cを知ろう」最新記事一覧

Xcodeのショートカットキーやmac操作のtips

mac、Xcodeでカーソルを操作する際

ctrl + P : 上の行にカーソルを移動する。
ctrl + N : 下の行にカーソルを移動する。
(Xcodeで、コード補完機能での選択の際にも使える。)

cttl + D : カーソルの右側の文字を消去する。fn + deleteキーと同じ効果。(Windowsでのdeleteキー)
ctrl + H : カーソルの左側の文字を消去する。deleteキーと同じ効果。(Windowsでのbackspaceキー)

ctrl + K : カーソルの右側の文字を行末まで削除する。

command + shift + →(右矢印) : 選択開始位置から、行末までのテキストを選択。
command + shift + ←(右矢印) : 選択開始位置から、その行の先頭までのテキストを選択。

ctrl + J : ひらがなに変換。
ctrl + K : カタカナに変換。

mac

「右クリック」と指示があったなら、macでは、ctrl + クリック と同等。

ファイルやアプリケーションを選択しているとき、command+Oで開く(Open)。ダブルクリックでの挙動と同じ。

新規フォルダ作成 : shift + command + N

ファイルを選択しているとき、enterキー(returnキー)を押すと、名前の変更。(WindowsでいうF2キー)

ゴミ箱に入れる : ファイルを選択して、command + delete。

記号、特殊文字を入力

Mac 記号や特殊文字のキーボードショートカットまとめ(133種類) / Inforati

• : option + 8 (ビュレット(Bullet (typography) – Wikipedia, the free encyclopedia)。箇条書きのさいに使う)
· : shift + option + 9 (中黒)

safari

更新 : command + R (WindowsでいうF5キー)

次のタブに移動 : ctrl + tab
前のタブに移動 : ctrl + shift + tab
タブを閉じる : command + W

Finder

• 開いたときに表示されるフォルダを設定する
デフォルトでは、Finder開始したときに表示されるのは「マイファイル」だが、

Finder > 環境設定 > 新規Finderウィンドウで次を表示:

から、任意のフォルダを設定することができる

• Finderのフォルダ、ファイルをコピーしたもの(ショートカット:ctrl + C)はターミナルに貼り付けると、pathを貼り付けることができる

Finder関連のショートカットキー
  • 新規Finderウィンドウのショートカットキー : command + N
  • 新規フォルダの作成 : command + shift + N

ロシア語アルファベットの大まかな発音(iPhone用)

前回つくった、ロシア語アルファベットの大まかな発音が練習できるflash。

flashが、iPhoneでは見ることが出来ないというのを実際に体験してかなしい気持ち。

かなしいけど、これは変えられないので、javascriptで作ってみよう。

ということで、javascriptで作った

ロシア語アルファベットの大まかな発音

 

ロシア語のアルファベットの発音

(追記:このページのものはflashで作ったが、iPhoneでは見ることができないのでjavascriptバージョンを作った
ロシア語アルファベットの大まかな発音 — nackpan labo

ロシア語表記された地名や人名を読みたいなーということで、次のようなflashを作った。ロシア語のアルファベットの発音が練習できるドリルのようなもの。

Russian Alphabet ロシア語アルファベットの発音 – wonderfl build flash online

ただ、これは、おおよその発音なので、詳しくは、ロシア語を学ぶサイトや本を見てください。

Russian Alphabet with Sound and Handwriting

ロシア語のアルファベット

Molehillに触れる

Molehillさわってみた。

FlashDevelop + FlashPlayer11(Molehill) + Away3D 4.0 Alpha での遊び方

を、参考に、というか、手順にしたがって、やってみた。しかし、なぜか、うごかない。

あれこれ、やったあと、ようやく気づきました

[javascript highlight=”6″]
var params = {
menu: "false",
scale: "noScale",
allowFullscreen: "true",
allowScriptAccess: "always",
bgcolor: "#FFFFFF",
wmode: "direct"
};
[/javascript]
bgcolor: “#FFFFFF”, の部分。この末尾の”,”をいれわすれてた!
そこを修正して、ようやっと、動きました。わーい

SiONさわってみた

SiONをさわってみた。SiONというのは、keim_at_Siさん作のflash用のサウンドライブラリです。

keim/SiON – Spark project  より

PSG/FM/WaveTable/PCM/物理音源,MMLコンパイラ/シーケンサ,サウンドエフェクタを備えた,統合サウンドライブラリになる予定です.
MMLを利用した音楽再生,音(波形)の生成/合成/加工,インタラクティブな同期再生,DisplayObject?との連携などが簡単に行えます.

ものすごい多機能で奥深いライブラリです。とはいえ、自分には、音楽、波形での音というもの、MMLと全般にわたって知識が乏しいので、初歩的な操作を色々調べながら、学んで生きたいと思います。

ということで、まずMML。Music Macro Languageのことで、”CDE”とかけばドレミと鳴るといった感じ。

Music Macro Language – Wikipedia

WikipediaのMMLのページで、MMLの読み方が一応分かるということで、SiONで使われている音楽のデータを見てみる。

MML Database | MMLTalks

ところが、どうやらMMLといっても、もっと拡張された言語で書かれているようだ。

TSSCPというのがあって、MMLを拡張して、制御命令など、さらに色々なことができるやつみたい。

TSSCP まとめwiki

 SiONでは、TSSCP/偽TSSCPのMMLをベースにして拡張したMMLが使用されているとのこと。

mmlの最前線に立ち続ける覚悟はあるか – Simple Inspiration

SiOPM MML reference (version 0.6.0) 

リファレンスを見ると、ほんとにものすごくいろいろ機能がある。音源やエフェクタなどなど、ちゃんとつかえるようになったら、ものすごくいろいろできそう!

実際に音を鳴らすには

2.SiON で音を鳴らす. – Simple Inspiration

keim_at_Si codes | wonderfl build flash online

を参考に色々いじくって、できたのがこれ。

まずは、音色を変更するというのをやってみた。

SiONさわってみた – wonderfl build flash online