Rendow製作メモ

Rendow(Rendow サポートページ)に関する製作メモ

「速く走ると、速く再生されるオーディオプレイヤー」というのを考えた。ちょっとおもしろいと思った。
試作を作った。
画面はこんなイメージ。再生/停止ボタン、選曲ボタン、タイトル表示。
ss 2015-08-15 22.09.12

イヤホンつけてエレクトロニカをかけて走った。どんどんせわしなくなっていく。
ちょっと面白かった。
この段階では、あまり画面を詰めていない。

当初の案では、これだけを作ろうと考えていた。
ただ、実際にやってみると、ものたりない。
試作での「速く走ると速く再生される」のほかにも、バリエーションがほしい。
開発を進めていって、最終的に加えることになったのが、「グラフ編集機能」と、「視覚エフェクト機能」
この二つを加えるのと、あと、移動速度の計測部分、さらにグラフィックデザインを詰めるのでかなり時間がかかり、当初の予定より大幅に遅れて、3ヶ月近くかかってしまった。
「グラフ編集機能」で2週間。「視覚エフェクト機能」で2週間。移動速度の計測で1週間。グラフィックデザイン(レイアウト+UI部品作成+ロゴ作成)で4週間。おおよそそれぐらいかかった。

グラフ編集機能

試作での「速く走ると速く再生される」のほかにも、バリエーションを加えるための機能。
歩いてるときは通常速度だけど、止まってしまうとのろくなるとか。
移動速度と再生速度の関係を表したグラフ。それを編集できるようにしたもの。
最終的にはこういったかたちになった。
ss 2015-08-16 0600

視覚エフェクト

プレイヤー画面は、当初、再生ボタンとタイトル表示あたりしかなかった。
やっていくうちに、現在の速さをしめすものをつけようと考えた。

初期案
ss 2015-08-16 0709

最終案
ss 2015-08-16 0701

視覚エフェクトでおおまかに現在の位置をしめすこととした。
CAEmitterLayerというパーティクルに適したクラスがあったので、これを使ってエフェクトを作成。
エフェクト作成は、アプリ作成の流れとは別に独自の面白さがある。

ロゴ

「音符」と「走っている様子」を組み合わせるというのを考えた

初期案
Icon180-01

最終案
ss 2015-09-06 7.22.01

初期案では、うまくまとめられなかったので、最終案では連桁付き8分音符(♫)ではなく8分音符(♪)をベースに「走っている様子」と組み合わせることとした。


こんな感じで、Rendowを作成した。
走ったり歩いたりするのに応じて速度が変わるさま、ちょっとおもしろいので、使ってみてください。

投稿者:

nackpan

iOSアプリを作っています。 リピーティングに便利な「語学学習支援プレイヤー」つくりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください