El CapitanでのSafari (ver 9)でCommand+数字をブックマークバー選択に戻す

前回書きましたが、MacのOSをEl Capitanにアップデートしました。

その際、Safariもアップデートして、バージョン9となりました。
ss 2015-10-04 6.42.48

新たになったSafariでは、タブのピン留め機能がつきました。
タブをつかんで左端に寄せると、縮んで固定されます。
ss-pin-2015-10-04

それに合わせてということでしょうか、ショートカットキーの一部が変更になっていました。
従来は、Command+数字で、ブックマークバー(お気に入りバー)の選択になっていました。左端のものからCommand+1,Command+2,..となって開くことができました。
Safari バージョン9では、Command+数字のショートカットが、タブの選択に割り当てられました。
左端から、Command+1,Command+2で開くことができるので、いつも使うページをピン留めしておけばすぐに開くことができます。
ブックマークバーの選択のショートカットキーは、Option+Command+数字に変更になりました。

ブックマークバーのショートカットキーをあまり使わない場合は、新たなキー割り当てが使いよいと思います。
ただ、自分の場合は、以前の記事で書きましたが(手早くリンクを作成したい | nackpan Blog
ブックマークバーの左端に「リンク作成」のブックマークレットを入れており、Command+1からのリンク作成を頻繁に使っていました。これが、Option+Command+1になってみるとかなり押しにくくなりました。

そこで、従来のキーボードショートカットキー割り当てに戻す方法があるのか調べてみると、可能でした。

Safari(ver 9)でCommand-数字によるキーボードショートカットをタブ選択ではなく、ブックマークバー選択に戻す方法

・Safariの環境設定から「タブ」の設定を開く。
・「タブ」の設定で、「⌘ + 1 から⌘ + 9 でタブを切り替える」のチェックを外す
ss 2015-10-03 8.57.16
これで、Command-数字のショートカットは、ブックマークバーの選択になります。

投稿者:

nackpan

iOSアプリを作っています。 リピーティングに便利な「語学学習支援プレイヤー」つくりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください