町田明広『島津久光=幕末政治の焦点』を読みました

町田明広『島津久光=幕末政治の焦点』(講談社、2009)を読みました。
講談社選書メチエの一冊で、通巻番号431となっています。
あとがきによると、編集は講談社の青山遊さん。

目次

プロローグ

序章
第一章 久光体制の確立と上京政略
一. 「久光四天王」体制の誕生
二. 掘・中山による率兵上京への地ならし
三. 久光の「皇国復古」とその政略

第二章 錯綜するイデオロギー
一. 尊皇志士と義挙計画
二. 西国志士たちの思想
三. 岩倉具視=朝廷の思惑

第三章 率兵上京と中央政局
一. 上京開始と反抗勢力
二. 九条関白と酒井所司代の対応
三. 久光の入京と建白

第四章 寺田屋事件の深層
一. 「義挙」へ突き進む志士たち
二. 伏見義挙計画、そして事件勃発
三. 事件の意義と長州藩との確執

第五章 久光vs.京都所司代—朝廷での政争
一. 勅使派遣問題
二. 久光の名代・中川宮

第六章 朔平門外の変—薩摩藩最大の危機
一. 事件直前の中央政局
二. 追いつめられる薩摩藩と中川宮
三. 謀略の真相とその影響

第七章 八月十八日政変—首謀者は誰か?
一. 久光召命問題と上京政略
二. 政変の主役・高崎正風
三. 政変の首謀者と中川宮

第八章 元治・慶応期の久光・薩摩藩
一. 参予会議と薩長盟約の締結
二. 四侯会議と王政復古への転換

エピローグ


NHKカルチャーラジオの「NHKカルチャーラジオ 歴史再発見 西郷隆盛 その伝説と実像 (NHKシリーズ)」を聴いていたおり、講師の町田明広さんが書いた本ということで手にとりました。

幕末の元号

裏表紙に、

幕末がいまだ「政治の季節」であった文久期

とあります。
文久期と言われても、いつ頃かわからない…という思いが年号(元号)について調べ「戦国・江戸元号並べ」を作成するきっかけとなりました。

幕末の年号(元号)は、嘉永・安政・萬延・文久・元治・慶応・明治と移り変わります。
黒船来航から数えると20年足らずの期間で頻繁に年号(元号)が変わっています。
災異を理由として改元がおこなわれるというのは知っていましたが、年号(元号)について調べて知ったことに辛酉革命改元、甲子革令説があります。
文久改元は辛酉革命説による改元、元治改元は甲子革令説による改元です。
干支が辛酉にあたる年、甲子にあたる年には讖緯(しんい)説で大きな変革がおこるとされ、その難を避けるために改元が行われるようになったものです。辛酉年の改元が60年に一度行われ、そのあと4年で甲子年の改元が行われれ、立て続けに改元が起こることになります。

中川宮(=青蓮院宮=朝彦親王)

文久2年の島津久光による率兵上京とそれに引き続く行動で、幕末史がおおきく転回したさまが描かれています。
著者が「島津久光四天王」と呼ぶ島津久光の側近小松帯刀・中山中左衛門・堀次郎・大久保一蔵の紹介のあと、文久年間の島津久光の動向・京都での薩摩藩士の動向が記されます。
出来事には日付が示され、いつ誰がどこにいるのか、京都にいるのは誰か、誰が行動したか、史料に即して示されます。

幕末史をほとんど知らないので、初読時には人名判別ができませんでした。
中~さんいたなというかんじで中山忠能と中川宮を混同したり、正親町三条と三条を混同したりしました。
中川宮に関しては、他の幕末を扱った本でも登場するのですが、呼び名がいろいろあって同一人物となかなか気づきませんでした。朝彦親王、尊融法親王、青蓮院宮、久邇宮…など。

朔平門外の変

「第六章 朔平門外の変—薩摩藩最大の危機」が、非常に印象に残りました。
「朔平門外の変」とは、文久3年5月20日堂上公家の姉小路公知が、朔平門外で暗殺された事件です。
幕末志士を紹介する本で、公家が暗殺された事件があったことは記憶にありました。この時期「天誅」と称する尊王攘夷派による幕府側に対するテロが並ぶなかで、佐幕派による尊王攘夷派へのテロと紹介され、この事件は毛色が違ってるなあと思いがありました。対象が公家であるというのも珍しい感じがしました。

本書では、「朔平門外の変」の背景、事件の影響、そして事件の真相に迫っています。
姉小路公知は「即今破約攘夷派」の旗頭の公家です。文久3年5月20日夜に、朔平門外で三人の刺客に襲われ重傷を負い、その後死亡しました。
現場には、薩摩藩士田中新兵衛の刀が遺棄されていました。田中新兵衛は捕縛されますが、隙を見て自殺してしまいました。
犯行関与を疑われた薩摩藩および薩摩藩に協力的であった中川宮の立場が危うくなりました。

田中新兵衛は「天誅」を行う側でした。「即今破約攘夷派」の姉小路公知を殺害するのはおかしいということで、以前読んだ幕末志士を紹介する本では、何者かが田中新兵衛の刀を盗み現場に置いた謀略とする説が紹介されていました。
本書では、田中新兵衛が犯人である、とみています。黒幕には、「即今破約攘夷派」の公家滋野井公寿・西四辻公業があったと推定しています。
では、なぜ彼らは姉小路公知を殺害したのか?
実は、姉小路公知は事件の少し前から通商条約容認に傾いたから。

姉小路公知は事件の一月前に大阪に行っています。そのさい、勝海舟から海軍設置の説を聴き、幕府軍艦順動丸に乗り込んでいます。この後、「即今破約攘夷派」から脱却し通商条約容認に傾きます。そのことは、一部の者は知るところとなりました。
「即今破約攘夷派」の滋野井公寿・西四辻公業は、姉小路公知の変節は「即今破約攘夷派」の死活に関わると考え、殺害を計画。田中新兵衛をひきこみ、事件を引き起こしました。

これが本書の見立てです。

2019年2月開発状況

2019年2月。

Repete Plusのアップデートを行いました。
Repete Plusは、語学学習を支援するオーディオプレイヤーです。
語学教材のフレーズごとに自動的に間隔をあけて再生できます。
また、フレーズをペアにして再生することができます。(日本語文と英語文をペアにして瞬間的に訳す練習などができます)

App Storeはこちら

6日から11日。
Repete Plusのアップデート version 5.3 

* まれに再生が意図せず止まってしまう不具合を修正しました。

15日から27日。

Repete Plusのアップデートversion 5.4。

 * ペア区間のA区間、B区間の再生回数を0に設定できるようになりました。

(日本語文・英語文をペアにして学習しているケースを想定した時、日本語文のみ、英語文のみを再生することができるようになりました)

 * 再生中の区間を再生不要にしたさい、次の区間の再生回数が少なくなってしまう問題を修正しました。

 * 「設定変更」ボタンでのメニューが、作成日時の古いものから新しいものへと並ぶようになっているはずが、そうなっていないことがあったので修正しました。

 

「Repete Plus」をアップデートしました。(version 5.4)

「Repete Plus」をアップデートしました。(version 5.4)

Repete Plusは、語学学習を支援するオーディオプレイヤーです。
語学教材のフレーズごとに自動的に間隔をあけて再生できます。

App Storeはこちら

使い方を紹介しているサポートサイトはこちら
Repete Plus – nackpan Blog

変更点

 * ペア区間のA区間、B区間の再生回数を0に設定できるようになりました。
(日本語文・英語文をペアにして学習しているケースを想定した時、日本語文のみ、英語文のみを再生することができるようになりました)

 * 再生中の区間を再生不要にしたさい、次の区間の再生回数が少なくなってしまう問題を修正しました。

 * 「設定変更」ボタンでのメニューが、作成日時の古いものから新しいものへと並ぶようになっているはずが、そうなっていないことがあったので修正しました。


よろしくおねがいします

「Repete」をアップデートしました(version 3.7)

iPhone/iPadアプリ「Repete」(レペテ)(旧「語学学習支援プレイヤー」)をアップデートしました。(version 3.7)

「Repete」(「語学学習支援プレイヤー」)は、語学学習の手助けをするオーディオプレイヤーです。ファイルの無音部分を分析し、流れる言葉が一区切りしたところで、あいだをおいて再生します
リピーティングに便利なオーディオプレイヤーです。

変更点

再生がまれに意図せず止まってしまう不具合を修正しました。


語学学習を助ける「Repete」
よろしくおねがいします

「Repete Plus」をアップデートしました。(version 5.3)

「Repete Plus」をアップデートしました。(version 5.3)

Repete Plusは、語学学習を支援するオーディオプレイヤーです。
語学教材のフレーズごとに自動的に間隔をあけて再生できます。

App Storeはこちら

 

使い方を紹介しているサポートサイトはこちら
Repete Plus – nackpan Blog

変更点

* 再生がまれに意図せず止まってしまう不具合を修正しました。


Repete Plusのサポートページのコメントで不具合報告をいただきました。
再生が意図せず止まってしまったとのことでした。

Repete(語学学習支援プレイヤー)の開発当初に、この問題が発生して、referenceを見ながらあれこれ修正して、どうにかこうにか、再生不能状態の発生を抑えることができました。
iOS 12になってから、自分が使用している際にも、まれに発生していたものの、直すの大変じゃないかということで、対処を遅らせていました。

コメントでのリプライで、AVAssetの末尾到達通知がうまくいっていないかもと記しました。
あらためてソースコードを確かめるとそこには問題ありませんでした。

アイテムが切り替わり、再生可能状態になり、再生を開始する処理で問題がありました。

Responding to Playback State Changes | Apple Developer Documentation
こちらの記事にならって、対象のAVPlayerItemの状態の変化を監視する処理を行っています。

AVPlayerItemのstatusに変化があると、observeValue(forKeyPath:of:change:context:) メソッドが呼び出されます。statusがreadyToPlayになったなら再生処理を行っています。

readyToPlayになって再生処理を行ったのに再生されないという状態がまれに発生していました。
AVPlayerItemのstatusがreadyToPlayになっており、AVPlayerのstatusもreadyToPlayになっておりAVPlayerのrateも1.0になっており再生中であることを示している、ということで問題なく動くはずなのに実際には再生されないということで、なかなか原因が特定できませんでした。

再生処理部分のログをとり、再検証しました。
statusがreadytoplayになってから続けざまに(0.03秒後ぐらいに)2回呼び出されることがありました。
statusが変化するたびに一度呼び出されると考えていたので、この挙動は予想外でした。
再生処理が2回呼び出されることになり、これが問題発生に繋がることがあるようです。
readytoplayになったあとの再生処理が一度だけになるように調整しました。

長時間、再生を続ける試験を行いました。
再生が意図せず止まってしまう不具合は発生しなくなりました。

語学学習の助けとなる「Repete Plus」よろしくおねがいします。

2019年1月開発状況

2019年1月。
戦国・江戸元号並べ – nackpan Blog」のversion 2.0へのアップデートを行いました。

戦国・江戸元号並べ 」は元号(年号)カードを正しい順番にならべかえるアプリです。
島津久光=幕末政治の焦点 」を読んだ際に、「文久年間は政治の季節」という記述を見たものの、それがいつ頃なのかわからなかったことから、幕末の年号(元号)の前後関係を知りたいと思って作成したアプリです。
実際に作成した際に、幕末だけでは少なすぎるかなと思い、範囲を広げて戦国時代と江戸時代を対象にしました。

先月に引き続き、アップデート作業を進め、月末に「戦国・江戸元号並べ 」version2.0が完成しました。
今回のアップデートで、対象の年号期間に起きた出来事や年号が覚えやすくなる事柄を書き加えました。
元号(年号)カードの右端の?マークを押すと、その年号の期間での出来事を記したテキストが表示されます。

今月は江戸時代をあつかった本を読みました。
江戸の三大改革の名前ぐらいしか知らなかったので、まるで馴染みがなかった時代について少し知れて、面白かったです。
藤田覚さん、江戸時代後半に関して多くの一般向けの本を書かれていてありがたいなあと思いました。

20日まで、本を読みアプリ用のテキストを書きました。
テキストはこちら
その後、アプリに組み込む作業を行い、月末にはアップデートを公開することができました。

2018年12月開発状況

2018年12月。
戦国・江戸元号並べ」のversion 2.0へのアップデートのための準備を行いました。

戦国・江戸元号並べ」は元号(年号)カードを正しい順番にならべかえるアプリです。
島津久光=幕末政治の焦点 」を読んだ際に、「文久年間は政治の季節」という記述を見たものの、それがいつ頃なのかわからなかったことから、幕末の年号(元号)の前後関係を知りたいと思って作成したアプリです。
実際に作成した際に、幕末だけでは少なすぎるかなと思い、範囲を広げて戦国時代と江戸時代を対象にしました。

2018年9月に完成しリリースしました。元号(年号)が書かれたカードを並べ替えるのみというとても簡素なスタイルでした。
あまりに簡素なので、今回のアップデートで対象の年号期間に起きた出来事や年号が覚えやすくなる事柄を加えることにしました。

12月は、そのアップデートを行うために戦国時代をあつかった本を読みました。いままで馴染みがなかった時代のことがらに触れて、とても面白かったです。
織田信長が活躍し始めるあたりからは、漫画や小説、大河ドラマでなんとなく馴染みがありますが、それ以前の期間についてはほぼ知りませんでした。
今回、知った事柄といえば…
文明の頃、吉田兼倶が現れ天皇に進講したこと。
応仁の乱後の100年での畿内での政権の移り変わり。
細川政元は明応から永正にかけて活躍した。(エピソードは戦国時代関連コラムで読んだことありました)
足利義稙の将軍位への執念。
将軍家の義澄流と義稙流への分裂。
細川政元ののちの細川家の分裂。
細川高国が政権にあった時期けっこう長い。
三好一族の軍事力はすごい。
などなど。

「戦国・江戸元号並べ 」をアップデートしました。(version 2.0)

戦国・江戸元号並べ 」をアップデートしました。(version 2.0)

Google Play で手に入れよう

version2.0より、元号(年号)カードに右端の?マークを押すと、その年号の期間での出来事を記したテキストが表示されるようになりました。
たとえば、「永正」だと

甲子革令を理由とする改元です。

永正の錯乱。
細川政元の養子細川澄之派と細川澄元派の間で対立が深まりました。
細川政元は、澄元を後継者に決定しました。
永正4年(1507年)、細川澄之を支持する勢力が細川政元を暗殺しました。
しかし、翌々月には細川澄之方は、澄元方によって討ち滅ぼされました。

混乱する状況を見た大内義興が、足利義稙(当時は義尹)を奉じて西国から上洛しました。
細川高国は、足利義稙側につきました。
細川澄元と足利義澄は近江に逃れました。その後、澄元は阿波へ下りました。

永正5年(1508年)足利義稙が将軍に返り咲きました。
足利義稙・大内義興・細川高国体制の政権となりました。

永正14年に大内義興は京を離れ、翌年帰国しました。
これを機に、澄元勢の動きが活発になります。
永正17年、澄元勢が京に攻め寄せました。細川高国は一時近江に逃れましたが、再び京を回復しました。
澄元が攻め寄せた際に、足利義稙は細川澄元と結んでいました。
高国と不和になった足利義稙は、永正18年(大永元年)3月7日に京都を出奔しました。
長く延引されていた後柏原天皇の即位の礼が行われる直前の時期に当たります。即位の礼はそのまま挙行されました。(永正18年3月22日)
足利義稙は、阿波に移りました。

といった具合です。
各年号がどういった時代なのかイメージしやすくなりました。
よろしくお願いします。